新型コロナウイルスの治療薬として研究中|アビガンジェネリック(ファビピラビル)

インフルエンザ治療薬

当サイトでは、海外医薬品個人輸入代行サイト「ベストケンコー」の商品を紹介しています。

今回紹介するのは、インドで新型コロナウイルスの治療薬として研究が進められている「アビガンジェネリック(ファビピラビル)」。

 

ベストケンコーは、1,700種類以上の海外医薬品・サプリメントを取り扱う世界最大クラスの個人輸入代行サービス。

2008年創業、現在は60万人以上の会員が利用しています。(2020年2月時点の会員数60万人超)

通常の個人輸入のプロセスで発生する面倒な手続きを一括して請け負うため、日本国内での楽天やAmazonと何ら変わらない薬の通販サイトとして利用できます。

 

なお、下記の記事でベストケンコーのポイントや口コミを紹介しています。

併せて参考にしてください。

全国どこでも送料無料の個人輸入通販サイト|ベストケンコー
「ベストケンコー」は、1,700種類以上の海外医薬品・サプリメントを取り扱う世界最大クラスの個人輸入代行サービス。 2008年創業、現在は60万人以上の会員が利用しています。(2020年2月時点の会員数60万人超) 通常の個人輸入のプロ...

 

アビガンジェネリック(ファビピラビル)の特長

内容量34錠/箱
剤形タブレット剤
有効成分1錠中にファビピラビル(Favipiravir)として200mg含有
ブランドGlenmark Pharmaceuticals(グレンマーク・ファーマ)
出荷国シンガポール
価格(1箱)¥21,980
価格(3箱)¥53,979(¥17,993/箱)
  • 表示している価格は、投稿日現在のベストケンコーの販売価格です。
  • 販売価格は変更になる場合があります。

 

アビガンジェネリック(ファビピラビル)200mgは、新型インフルエンザの治療薬アビガンと同じ有効成分ファビピラビルを配合。

インドの製薬企業であるGlenmark Pharmaceuticals(グレンマーク)によって製造・販売されています。

有効成分はファビピラビルです。

有効成分ファビピラビルは、富山化学工業㈱(現:富士フイルム富山化学㈱)により研究・創製された低分子の経口抗インフルエンザウイルス薬。

ファビピラビルは既存の抗インフルエンザウイルス薬と異なる作用機序を有しており、細胞内酵素により代謝されて生成したリボシル三リン酸体がインフルエンザウイルスの遺伝子複製酵素であるRNAポリメラーゼ(RNA依存性RNAポリメラーゼ)を選択的に阻害し、抗インフルエンザウイルス活性を示します。

高病原性鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)を含むA型及びB型インフルエンザウイルス感染症に対する治療薬として開発されています。

そして、何より話題になっているのは新型コロナウイルスとの関係。

インドでは、現在グレンマーク社が中心となって、アビガンジェネリック(ファビピラビル)を新型コロナウイルスの治療薬として効果がないかどうかの臨床研究が進められています。

ただし有効性は確認されておらず、承認もされていません。(投稿日現在)

また、ロシアが新型コロナウイルス感染症治療薬として、アビガンのジェネリック(後発医薬品)に暫定承認を与えたことなども伝えられていますが、本製品ではありません。

そういったこともあり、注目されているお薬と言えるでしょう。

なお、同じく新型コロナウイルスに効果が期待される医薬品として「ストロメクトールジェネリック」や「デキソナ(デキサメタゾン)」にも注目が集まっています。

 

【ご注意】

医薬品ですので、使い方を間違えると強い副作用が出る可能性もあります。

服用に際しては、容量・用法を守って服用し、副作用や注意点を各商品ページからしっかり確認するようにしてください。

※ 上記の説明文は、その効果効能を保証するものではありません。

 

ベストケンコーの公式サイトを見に行く

 

アビガンジェネリック(ファビピラビル)の口コミ

実際の利用者からの口コミを掲載します。

こちらも併せて参考にしてください。

※ 「アビガン」に関する口コミになります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

これが話題のアビガンです コロ助退治に効果あるそうです 私はこれに助けられました #アビガン錠 #コロナウィルス

鳥切猛(@niaoqie)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「新型コロナウイルスに有効と言われているアビガンについて」 【アビガン錠】 成分名→ファビピラビル 【アビガンの背景】 富士フィルム富士化学が開発したお薬になります。 新型・再興型インフルエンザが発生時のみ、国の判断で使用できる医薬品として2014年に承認されていましたが、タミフルが有効でないケースでも治療効果が期待できると言われています。 催奇形性の可能性が指摘され、インフルエンザの治療薬の切り札的ポジション。 【近況】 中国ではアビガンが有効な治療薬として評価されています。 2020年3月末から富士フィルム富士化学が治験を開始していおり、政府は200万人分のアビガンを備蓄しているようです。 新型コロナウイルス感染を予防するワクチンの開発には1年ほどの期間が必要のため、アビガンへの期待は大きいです! 【作用機序】 ウイルスのRMAポリメラーゼを選択的阻害し、ウイルスの増殖を防ぐ 【注意点】 胎児に障害を起こす可能性があるため、妊婦または妊娠している可能性のある女性への投与は禁忌。 投与期間中および投与終了後7日間はきわめて有効な避妊法の実施を徹底すること。 本剤は精液中へ移行することから、男性患者に投与する際は、その危険性について十分に説明した上で、投与期間中及び投与終了後7日間まで、性交渉を行う場合は極めて有効な避妊法の実施を徹底すること。 アビガンが有力と言われていますが、今の段階では治療薬はまだ明確にはなっていません。 ワクチンができるまで時間が必要なので、何としてでもそれまでに感染しないよう、日々の心がけを徹底しましょう!

SNS薬局(@sns_yakkyoku)がシェアした投稿 –

 

ベストケンコーの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました